デザインコンセプト MUD“Media Universal Design”
メディア・ユニバーサルデザイン について

人は、情報の87%を視覚から得ていると言われており、身の回りには「目で見る」メディア(テレビや印刷物、インターネット、看板など)があふれています。
 しかし、そんな視覚メディアに対して「見づらい」「わかりづらい」という不満の声があります。
 メディア・ユニバーサルデザインは、利用する方々の側に立ち、必要とされる情報をわかりやすく伝えることを目的とし、「デザイン」「書体」「色の使い方」などにさまざまな配慮や工夫を加えることで、誰もが使いやすく、見やすいメディア情報にすることです。
 マルワではこのMUDの考え方に基づき、人によって見え方が違うことを認識し、より多くの人に伝わるように工夫した印刷物を制作しています。

MUD(メディア・ユニバーサルデザイン)とは?
すべての人のためのデザイン
  • ▶伝えたい情報を正確に伝えるデザイン
  • ▶平等に情報を伝えるデザイン
     一般の人・高齢者・障がい者(弱視、色覚障がい等)・ 子ども・外国人など
  • ▶必要とされる情報を提供するデザイン
  • ▶誰もが便利で見やすいメディアを提供するデザイン
情報の87%は視覚メディアから

人は、情報の87%を視覚から得ていると言われており、身の回りには「目で見る」メディア(テレビや印刷物、インターネット、看板など)があふれています。
しかし、そんな視覚メディアに対して「見づらい」「わかりづらい」という不満の声があります。

メディア・ユニバーサルデザインがなぜ必要なのか
多様化する情報社会では、伝えたい情報・伝えるべき情報が正確に伝わらない場合があります。
日本人男性の約20人に1人、女性では約500人に1人、

日本国内に320万人以上
65歳以上の高齢者が総人口の22.1%(総務省の人口統計) 弱視者は視覚障がい者の70~80%で、日本国内に100万人以上と考えられています。 訪日、在留外国人が増加し、訪日外国人旅行者は673万人(平成17年)。
子ども・外国人は、難しい漢字や表現では理解できません。
メディア・ユニバーサルデザイン5原則

ユニバーサルデザインの考え方を取り入れた印刷物とは、どのようなものでしょう。具体化するにあたって配慮すべきことを挙げた「メディア・ユニバーサルデザイン5原則」を参考に考えてみたいと思います。

メディア・ユニバーサルデザインの実践に特別な設備や技術は必要ありません。 人によって見え方が違うことを認識し、より多くの人に伝わるように工夫することが「メディア・ユニバーサルデザインの実践」なのです。
このように見えている方がいます

では、どうしたら良いでしょう?

マルワのMUD アドバイザーたち

認定番号
氏名


  • D-0001
    纐纈 伸太郎

  • D-0096
    太田 圭亮

認定番号
氏名


  • 5066
    山田 崇雄

  • 5346
    川上 華

  • 5350
    工藤 秀幸

  • 5351
    若井 朋宏

  • 5354
    服部 美紗子

  • 5355
    松岡 泰弘

  • 5698
    山田 慎介

  • 5869
    川本 和宏

  • 5870
    土屋 新次

  • 5871
    増井 富枝代

  • 6042
    宇佐美 陽子

  • 6043
    永田 茉奈美

  • 6091
    岡田 真

  • 6044
    沖島 怜奈

  • 6045
    今村 里奈

  • 6041
    小島 知浩