あなたの想いをカタチにするお手伝い。
安心してお任せください。
あなたの「~したい」を叶えます。

書きためた詩や、絵を一冊の本にしたい、自分史を残したい、書き綴ってきた日記をまとめたい、絵本を作りたい、私たちは、そんなあなたの「~したい」を叶えます。
あなたの感性を活かしたオーダーメイドの本をつくる、それが自費出版。
本づくりが初めての方でも、方法がわからない方でも、安心してお任せください。
マルワには自費出版アドバイザーの有資格者が在籍しています。その知識と経験を活かし、あなたの自費出版を親切丁寧にサポートしていきます。

▶自費出版に関するお問合せはコチラ

本ができるまで
  • ■お問合せ・ご相談~お見積もり・ご契約

これから執筆される方、執筆中の方、もうすでに執筆がお済みの方・・・
原稿のつくり方から、本の仕様や装丁、ご予算、納期、疑問点など、何でもお気軽にお問合せください。もちろん、専門知識も必要ありません。お気に入りのサンプルなどをお見せいただければ、より正確なお見積、ご提案をさせていただきます。

仕様が決まり次第、すぐにお見積もりいたします。
お見積もりの金額に基づき、ご契約となります。

  • ■スケジュール等の打ち合せ・原稿入稿

制作に入る前に、本の仕様の確認、スケジュール作成などの打ち合わせをさせていただきます。
また、どのような原稿を入稿されるのかも事前に確認させていただきます。お手持ちの原稿に合せてご入稿ください。

主な入稿方法
【完全データ入稿】 すでに内容がかたまり、ページレイアウトされているデータをお持ちの場合です。
【データ入稿】 文字原稿がテキストファイルやワードファイルに、絵画・写真が画像データになっている場合です。
【紙原稿入稿】 手書きの文字原稿や、絵画・写真が現物・紙焼き・フィルムなどの場合です。この場合は、弊社で文字データの作成や写真のスキャンなどが必要になります。

  • ■デザイン・編集作業~校正確認・修正作業

お預かりした原稿を整理し、文字や写真などをレイアウトして印刷物のデータを作成いきます。
必要に応じてサンプル(校正紙)を実際に見て、レイアウトや内容、誤字脱字がないか等をご確認をしていただきます。
ご希望により、語句の統一や表現が適切かどうか等を検査し、書き直し作業も承ります(別途料金)。ご相談ください。

  • ■印刷・製本~発送・納品

校正でご確認いただいた内容で問題がなければ編集作業を完了(校了といいます)して、印刷に入ります。 印刷後、本のカタチに仕上げ、お客様にお届けいたします。 ご希望がありましたら、出版(金額を決めて販売する)までお手伝いいたします。ご相談ください。

かんたん仕様と料金
  • ■かんたん仕様とは

少しでも安く自費出版したい、というご要望にお応えするため、あらかじめ仕様を限定した「かんたん仕様」プランをご用意しております。詳細についてはコチラから、またはお電話(052-802-4141)でお問合せください。

入稿形態 テキストデータ ※原稿の変更・差し替え・修正は別途料金が発生する場合があります。
字詰め 縦組み 40 字×15 行 程度まで(1 頁600 字以内)
表紙印刷 カラー
表紙用紙 コート紙(光沢紙)135kg または、色上質最厚口28 色より選択
本文印刷 黒一色刷
本文用紙 書籍用紙70kg
写  真 なし
サイズ ( 高さ× 幅mm) 文庫(148×105mm)、新書(182×114mm)、 B6 判(182×128mm)、四六判(188×128mm)のいずれか
製本方法 無線綴じ (糸や針金のかわりにノリを使ってとじる方法です。本をきれいに真ん中まで開けられます。)
  • ■かんたん仕様と料金表
  80P 120P 160P 200P
50 部 175,450 247,600 309,200 382,250
100 部 185,000 260,900 327,800 405,200
200 部 195,400 276,600 344,000 425,000
300 部 213,900 287,100 357,000 441,000
400 部 215,600 304,800 379,200 468,000
  • 料金表は、カンタン仕様の場合の料金です。この仕様のままが一番お安い料金となります。
  • 入稿方法(手書き原稿・テキストデータ・完全データ)や要求品質(写真の有無・色数・用紙・製本方法等)で料金は変わります。
  • 仕上がりサイズをA5 判にした場合は10%割り増しの料金となります。
  • 表紙及び本文は文字のみで写真や図表は入りません。入れる場合は別途料金が発生しますので、別途お見積もりします。
本のマメ知識
  • ■各部の名称
1 カバー カバーは表紙を包むためのものです。
一般的に著者紹介等はこのカバー部に載せます。
2 帯 販促の目的で表紙に巻くものが帯です。
帯はカバー同様、本の顔となります。
3 表紙 表紙は書物の中身の保護、内容の表示、装飾などの機能を果たします。
書物の体裁を決定付ける、本の外装といえます。
4 見返し 半分に折った紙の片側を表紙の裏に糊付けしたものが見返しで、表紙と中身をつなぐ役目があります。
ソフトカバーの場合、見返しはつけない方法もありますが、 表紙と本文の間の糊付け部分を隠す役割があります。
5 スピン スピンは、しおり、またはリボンとも呼びます。
本の背の上端に糊付けされ本の中に折り込まれるひも状のものです。
6 扉 扉には書名・副題名・著者名・出版社名などが印刷され、通常、本文より上質な厚手の紙を選びます。
本文と同じ紙を用いる場合もあります。
  • ■製本の種類

並製本

並製本は一般的にソフトカバーと呼ばれます。
厚紙の表紙に中身をくるむように綴じ込む方法で、書籍の中では一番多い製本方式です。

上製本

上製本は一般的にハードカバーと呼ばれます。
表紙をボール紙に貼り中身を綴じ込む方法で、並製本に比べ、耐久性が高く、 つくりもしっかりしていて高級感があります

  • ■本の大きさ
規格 高さ× 幅mm 主な用途
A5 判 210×148 文芸誌・ビジネス書・学術書・エッセイ集・詩集・句集・歌集など
A4 判 297×210 写真集・画集・絵本・記念誌など
B6 判 182×128 自分史・体験記・小説・エッセイ集・詩集・句集・歌集など5 スピン
四六判 188×128
B5 判 257×182 社史・写真集・画集・マニュアル集など
A6 判 148×105 文庫など
新書判 182×114 新書・まんが単行本など
  • ■主な用語の意味
校正 校正とは、製版や印刷にかかる前のプリントで、誤植・脱字を確認、修正する作業のことです。1 回目の校正のことを初校、2 回目の校正のことを再校と呼びます。著者が、原稿と照合し、赤字などで修正する必要があります。また文字以外の写真、レイアウトの確認も行います。ここで修正されなかった場合は、そのまま印刷され本になってしまいます。著者にとって校正は、本を作る上で一番大事な作業となります。
口絵 書籍や雑誌などの巻頭に載せる絵や写真類を口絵と呼びます。書籍の場合、扉の次に入るのが一般的で、アート紙かコート紙が主流です。
ノンブル ノンブルとは、ページの両サイドに記載されているページ数を示す数字のことです。
柱とは、ページの上・下部もしくは、側部に一行の章題などがついている行のことです。
キャプション キャプションとは、本文で使用されている写真、イラストの説明として入る注釈のことです。
奥付 タイトル、著者名、発行日、発行者名、印刷会社名などが記載されたページです。奥付は、本文の最終ページにきます。
トリミング トリミングとは、写真の一部だけを使いたい場合、使用する範囲を指定することです。
見返し 本体表紙の裏と本文とのあいだに補強として使用されている紙のことです。
台割 台割は本を作る際の設計図で、「表紙→扉→もくじ→まえがき→本文→あとがき→奥付」といった本の構成順序とページ数を指定したものです。
装丁 装丁とは、書物を綴じて表紙・扉・カバー・化粧箱などを付け、デザインを施して本としての体裁を飾り整えることです。一般的には、表紙カバーデザインのことを装丁と呼ぶ場合が多いです。
PP 加工 印刷したあと、光沢や耐水性を持たせるため、ポリプロピレン・フィルムを接着剤で圧着加工する方法で、変色しにくいという特長があります。PP加工は、雑誌の表紙、カタログ・パンフレットなどに多用されています。
スリップ 「売り上げカード」のことを、スリップと呼びます。
出版実績

八ヶ岳の光と風になって 久保郁子遺稿・追悼集

写真・文章はほぼ完成データで頂いた「遺稿・追悼集」は約3ヶ月で上梓しました。
日記・ブログなど含め、山に対する愛着・仲間同士の追悼の想いが書かれており、「光」や「風」が溢れます。

B5版変形 | 104ページ| 並製本

ボーダーミモリスって知ってる?

画家のおぐら様父娘にご依頼頂き、製作させていただきました。
「黒色」にこだわりがあったようで、オンデマンド印刷・オフセット印刷とも、できるだけ美しい「黒」になるように一緒に考えさせていただきました。

A4版変形 | 44ページ| 上製本

藻の花

61歳から始めた俳句。米寿まで続けてこられた記念にお子さんたちから勧められてつくった句集です。
美しい俳句に加えて、行間や装丁も上品に仕上がっています。

A5版変形 | 156ページ| 上製本

ある看護大教授の乳がんとの闘い
 ~がん患者の交渉術~

看護大教授として、乳がん患者として、最後の力を振り絞って書いた思いと記録。
乳がん患者や医療に従事する人を含め多くの人に読んでもらいたい記録です。

四六判 | 357ページ| 上製本

われわれはガンになったら どんな治療を選び 何を食べ 何を生きがいとすればよいか ~前向きに楽しく生きて七百日~

突然のガンの宣告。
臆することなく、ガンに立ち向かい 克明に描いた闘病の日々。
自分の前向きな生き方や家族の支えがあって 奇跡の生還をとげますます元気な生活を送る筆者。 元気をもらえる一冊です。

四六判 | 207ページ| 並製本

六年目の空蝉

「第14回(2011年)日本自費出版文化賞入選」
妻を病気で失ってからの「空蝉の六年」。
虚脱感の中で過ごす日々を、家族や仲間との触れ合いや、言葉・文字による自己表現を通して、今、生きていることを実感する――。
温かさがあふれる随筆集です。

四六判 | 334ページ| フランス製本

櫛、取って!

「人間万事塞翁が馬」という自分の人生を振り返りながら、筆者の女性としてのきめ細かい気持ちが随所に表れています。
自分の長年の夢「本を出す」をかなえました。
歯切れ良い文章が清々しい、女性に読んでもらいたい一冊です。

四六判 | 250ページ| 上製本

スポーツの常識の嘘

「ジョギングは減量によい」「水泳は腰痛によい」…今まで常識だと考えられていた事は実はウソだった?!
食事・怪我・トレーニング方法に関する「常識」の問題点を取り上げ、効果的にスポーツを行えるよう解説されています。

B6判 | 110ページ| 並製本

絆~生体腎移植ドナーの想い~

「患者の方に目が向けられがちな「腎移植」。
そこには必ず「ドナー」となった方がいます。
普段聞けないドナーの方々の体験談や想いを通じて、移植医療について考えるきっかけになる一冊です。

A5判 | 123ページ| 並製本

感謝 立派な変人たれ!

「想い」を伝える努力をし続ける「世界の山ちゃん」社長(現会長) 山本重雄氏の「当たり前ではない毎日」の一部を、配信1,000回を超えるブログの中から選りすぐってまとめました。

A5判 | 300ページ| ソフトカバー

継続は力なり

「継続は力なり」を体現している弊社社長 鳥原久資のブログ「社長日記」。
4年間約900回におよぶ記事の中から、社長としての理念や信念、社員に対する考えが見えるものに絞り込んで、一冊の本にしました。
中小零細企業の経営者の方、必見です!!

四六判 | 250ページ| 並製本