やっぱり一体感が日本人的にピッタリ合う

今朝はなんといってもこれ。

■中日新聞プラスより

日本中がにわかラグビーファンとなり

 

応援していた昨晩。

 

もちろん、僕もテレビの前でリアルに応援していました。

 

 😉 にわかラグビーファン

 

たしかに日本人はげんきんなものです。

 

でもスポーツが日本中を元気にしています。

 

勝てば官軍昔から言い古された言葉かもしれません。

 

しかし

 

 😥 惜しかったなぁ

 

はどんなにいい試合であっても惜しかったというだけ。

 

やはり勝つからこそ元気になるんだと思います。

 

この結果を作る裏には

 

世界一のスクラムと言われたアイルランドを撃破するだけの練習量。

 

結果を出すためにはその裏並々ならぬ練習量があったと言います。

 

そしてもう一つ一体感。

 

ラグビーボールをパスしていく絵が実に美しいと感じます。

 

こうした成果を出すためには

 

日頃からの練習だけでなく

 

日本らしい同じ目標に向かって進む一体感だなと

 

やっぱり一体感

 

ところで今週木曜日に

 

省エネの事例発表をおねがいされています。

 

大きな会社ではない弊社が

主催者からお願いされているのは

 

会社全体で取り組む一体感。

 

これを参加者に伝えて欲しいと

 

ラグビーと弊社を一緒にするのは

 

日本チームに大変失礼ですが 🙁 

 

これから不透明な時代に

求められるのはこの一体感に他ならない

 

と改めて思いました。

 

日本中が応援するのも

 

この一体感が日本人的にピッタリ合うからでは。

 

次はスコットランド。

 

それまで勝利の余韻に浸りましよう。

多分ワイドショーはほっておかないですから。

 

ところで世界陸上の地元山西利和選手も金メダル

■中日新聞ラスより

ラグビーがなかったら間違いなくトップニュースだったかな。

 

これももっと取り上げて欲しいです。

 

クライマックスシリーズも下克上の予感。

■中日新聞より

スポーツの秋到来です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*