デジタル×紙×マーケティングでいかにみらい創造をするのか

先日伺った業界の展示会page2019。毎年2月に行われる業界の明日を占う印刷技術協会肝いりの発信イベントである。 この展示会に足を運び始めたのが十数年前。当時は池袋のサンシャインビルのイベント会場を所狭しと機材やセミナ 続きを読む デジタル×紙×マーケティングでいかにみらい創造をするのか

効率的なという言葉とは縁遠い仕事の仕方が求められる

この会社に入社した頃に木材関係の各日刊の業界新聞を手がけていた。御縁が無くなり10年近くになる。先日、異業種でご縁をいただいた製材関係の社長からお仕事のご依頼があり、お邪魔した際、久しぶりにこの新聞を目にした。 変わって 続きを読む 効率的なという言葉とは縁遠い仕事の仕方が求められる

益々会社の差が開く時代だ。

伸びる会社は新しい設備を入れて仕事の幅や発注減を食い止めている。 川上へ行く会社ほど、新たな設備を入れて内製化して仕事の幅を広げている それをやる会社とそうでない会社の差が広がってしまう。 先日食事をした業界関係者の若手 続きを読む 益々会社の差が開く時代だ。

不思議に前向きになれる言葉の魔力

既存の売り上げを絶対に落としてはいけない 🙂  これは昨年秋に入社した息子の言葉。彼は7年半全く違う業界に身を置いて昨年秋に弊社に入社してきた。印刷業界が決して明るい未来があるわけではない事は十分に分かった上での入社だ。 続きを読む 不思議に前向きになれる言葉の魔力

お客様への価値の提供はまだたくさんある

 😥 自費出版をしている会社に依頼したんですが、なかなか思うように黒の色が出なくて。 画家の親子の方が、原画と他社で印刷したものを持ってこられた。確かに再現された黒が原画と比較すると浅かったそうだ。 印刷の世界では、一般 続きを読む お客様への価値の提供はまだたくさんある

自費出版のお話・・・その②

一昨日に続いて自費出版のお話。今日はその中で忘れられないお手伝いをしたお話を紹介したいと思います。「思いを形に」そんな言葉を感じて、自費出版にはいろんな人間模様があるとと思ったお話です。 写真は自身ががんを患いその様子を 続きを読む 自費出版のお話・・・その②

とにもかくにも何かアクションしないと

怒涛のような(と言っても昔ほどではないけど)繁忙期が終わり、新年度になり二週間が経過した。今年もなんとか多くのお客様にご指名をいただき、昨年並みまで数字を保つ事ができ、当たり前のようにご指名をいただけることに感謝。 でも 続きを読む とにもかくにも何かアクションしないと

できて当たり前だからプラスアルファの心遣いを

できて当たり前の仕事、つまり仕事としてはプラスの評価を受けにくい仕事は、ちゃんと納めて当たり前だけに、ほんの些細なミスでもマイナスにしかならず、本当に怖い仕事だと思った。 この言葉は、仕分け・発送業務を手伝っていた息子の 続きを読む できて当たり前だからプラスアルファの心遣いを

どうやって人様のお役に立つのか。

昨年秋から入社した息子が食事をしながらポツリ。  😥 印刷という仕事は必ずなくてはならないという仕事じゃあないよね。 誤解のないように言っておくけど、印刷を否定しているわけではなく、印刷が不要と言っている訳でもない。 実 続きを読む どうやって人様のお役に立つのか。

いつまでも機械やソフトに頼ってはいけません

最近は多くのデジタル機器の登場で、技術の習得を要する時間のハードルがかなり低くなった。例えば我々のオフセット印刷機は、いままで習熟にはかなりの時間と経験を要している。 加えて、経験と勘だけでは高品質の商品は刷り上がらない 続きを読む いつまでも機械やソフトに頼ってはいけません